田舎暮らし塾第4期生は定員に達しましたので、受付を終了させていただきます

引き続き、キャンセル待ちでよろしければ引き続き受付けております。


 

お待たせいたしました!

申し込み開始まもなく満員御礼となる田舎暮らし塾生募集。

 

ご好評につき、来年度活動の田舎暮らし塾第4期生を募集いたします!

・田舎暮らしをしてみたい方

・一緒にスローライフを満喫する仲間を作りたい方

・人生に新たなる発見を求めている方 などなど

元日本一のミニ村「とみやま」で一年を一緒に楽しみましょう!

 

年間の日程は以下の通りです。

 

第1回 4月6日~7日 山菜取り&椎茸菌打ち

第2回 6月1日~2日 梅漬け&蜜箱作り

第3回 9月7日~8日 ハチミツ絞り&栃の実拾い

第4回 11月23日~24日 栃餅作り&柚餅子作り

第5回 2月8日~9日 冬の富山の暮らし

第6回 3月14日~15日 炭焼き&五平餅作り

 

 

募集概要

対 象:田舎暮らしに興味のある20歳以上の健康な方

 

    年間を通じて参加する意思のある方

 

実施日:年間6回の講座(平成314月~平成323

 

時 間:一日目1130~二日目1300(各講座によって若干異なる場合がございます)

 

場 所:愛知県北設楽郡豊根村富山地区内

 

参加費:各回9,800円(税込)体験料、保険料、食事代3食(夜・朝・昼)含む

 

定 員:18名(先着順)

 

申込み:下記申し込み用紙を郵送またはFAX もしくは HP内「申し込みフォーム」

 

    お申し込みをされた方には詳細と振込先をご連絡いたします

 

その他:食事は参加者全員で「和気あいあい」と自炊します 一日目の昼食は各自持参となります

 

    宿泊は男女別の相部屋(23人)となります

 

    各回、JR飯田線「大嵐駅」までの送迎を実施いたします

 

        開始後100%:当日50%:前日40%:8日前30%のキャンセル料金が発生します

 

主 催:一般社団法人とみやまの里

 

連 絡:〒431-4121愛知県北設楽郡豊根村富山字中野甲17-6

 

    Tel0536-89-2007 Fax0536-89-2015 mailinfo@tomisato.org 

 

    Hphttps://www.tomisato.org  または「ミニ村とみやま」で検索    担当:丸木

 

ダウンロード
実施要項PDF.pdf
PDFファイル 712.5 KB

お申し込みフォーム

メモ: * は入力必須項目です



田舎暮らし塾生の様子

▼田舎暮らし塾3期生第6回目(3月16,17日)行いました。

田舎暮らし塾第6回終了!(最終回!)


 今回は、炭焼体験とこんにゃく作り


地区内で切り出した木材を皆で炭窯に詰めました。
 広葉樹の樫の木は、持ってみると想像以上に重く、  運ぶのも、窯の中の中腰での作業もとても大変でした。
 窯の口を閉めるためには、レンガを積み、粘土を塗り、左官屋さんのようなことも。
 暖を取ったたき火では、沈丁花、椿、南天、松ぼっくりの花炭を作りました。

 

こんにゃく作りは、地元で採れたこんにゃく芋を使い、
 地元の方を講師に行いました。こんにゃくの達人(鹿肉ジャーキー等いろいろなものの達人!)の講義は楽しくて、為になります。
 生のこんにゃくは、危険なほどの刺激があるので、要注意。 ゴム手袋をしての作業です。
 初めての体験で皆さんとても楽しかったようです。

 

今回で、年間を通して行ったプログラムが終了しました。
 回を追うごとに皆さん、打ち解け、どんどん仲良くなられていきました。
 色んな体験をいいチームプレーで楽しく行っていただきました。

 

とみやまにも愛着を持っていただき、
 今回で、プログラムは終了ですが、とみやまとのあらたな関係が、 これから始まりそうです!(^^)!

 

 

興味のある方、ぜひご連絡くださいね(^^)/

 

▼田舎暮らし塾3期生第5回目(2月2,3日)行いました。

 今回は、

 

  ・猟師体験:くくり罠説明、設置、捕殺、解体

  ・旧正月飾り作り:門松づくり、餅つき、もち花づくり、節分豆まき 

  ・里芋堀

 

でした。

1日目、くくり罠3つ、箱罠一つを山中にかけました。翌日、運よく?巨大な牡鹿1頭、雌の小鹿1頭がかかりました。近くで、2頭かかることなど、まずないそうです。地元の猟師さん方に、参加していただき、捕殺の現場を見学させてもらい、解体の仕方を学びました。

お正月など、季節の風習を次第にやらなくなっている方も多いかと思いますが、今回は富山地区でかつて行われていた正月の風習を体験しました。ひと世代前は、行っていた祈りの儀式を体験することで、皆さん色々と考えるところがあるようでした。

 

 

来期の塾生募集始まりました。

人気のコースですので、お早目のご応募お待ちしてます(^^)/


▼田舎暮らし塾3期生第4回目(11月24,25日)行いました。

 今回は、

 

  ・ゆずの収穫→ゆべし作り→ゆずジャム作り

  ・栃の実皮むき→栃の実スライス  

  ・餅つき(栃餅)

 

でした。 柚子の香りを楽しみながら収穫したり、栃の実を食べられるように加工するための苦労など、色々な体験をしていただけました。

これを機に、柚餅子(ゆべし)や栃餅のファンんいなってもらえるとうれしいです(^^)

ご注文お待ちしてます !(^^)!

 

 

来期の塾生募集始まりました。

人気のコースですので、お早目のご応募お待ちしてます(^^)/

▼田舎暮らし塾3期生第3回目(9月8,9日)無事行えました。

 1日目は、次回、特産品の栃餅を作るための栃の実拾い。礫の為、足場の悪い斜面で栃の実を拾いました。前日は豪雨で当日の予報も雨でしたが、奇跡的に、雨の合間に作業ができました。皆さんの日ごろの行いの良さが感じられます(^^)

 

  夜は、清山荘駐車場にて、バーべキュー。大雨に降られましたが、それもまたヨシ、海のごちそう、山のごちそうを楽しみました。

 

 2日目は、蜂蜜搾り。空の巣箱を用意し、女王蜂やほかの蜜蜂を箱を叩いて移動させます。次に、箱から巣をはがし、細かくし、ザルでこします。こしている間に、ぶどう狩りへ行きました。(文:参加者の方と一緒にハチミツ搾りに感動したカツでした)

 

▼田舎暮らし塾OBの様子

4月より、とみやまの里勤務となりました、地域おこし協力隊のカツです。
ブログへは初めて投稿します。以後よろしくお願いします。
5/26,27は、田舎暮らし塾OB有志による、農作業がおこなわれました。
1日目は、放棄されていた茶園の剪定。
放棄が1年間だけだったのでそこまで酷くなってませんでしたが、なかなか手ごわい物でした。
みんなでやると、こんなにもはかどり、きれいになるんですね!
日が当たるように周囲の草刈りや、伐採も行いました。
放っておけば、荒れていってしまうものが復活するなんて、とても嬉しく感じました。
耕作放棄地が、こんな風にどんどん利用されるようになれば素敵だなと思います。
【最近は、豊橋から通ってきてくれているSさんが、
耕作放棄地ひまわり畑プロジェクト(野鳥のエサを採ります)を行ってくれています。】
夜は、美味しい、たのしい、懇親会。とみやまで生ビールが飲めるとは!
美味しかったです!
2日目は、らっきょう畑の草取り、こちらも大勢でやると、はかどるはかどる! 
手があるとほんと違いますね!
(こちらは写真がなくて申し訳ありません)
肥料も蒔いたので、美味しいらっきょうが穫れると思います。
みなさん、たいへんお疲れ様でした。
写真は(作業前)→(作業中)→(完了)です。

田舎暮らし塾第1期生の様子です(フォトギャラリー)