ブログでご紹介しましたように「秘境駅号」停車にあわせて、

とみやまの里の商品の物販を行いました。

 

最終日の15日の日曜日は心配していた雨はなんとか上がったものの、

大雨による倒木のため、なんと!飯田線が一時普通となり、、秘境駅号も

運休となってしまいました。

 

最終日のアクシデントを除けば、毎回たくさんのお客様にお買い上げいただき、

忙しい数日間でしたが、よい結果を残すことができたと思います。

 

鳥大好きおじさんはとみやまの里のイベントなどで、

少人数で走り回っている私たちを見かけると、いつも手助けしてくださいます。

本当にありがとうございます!

 

今回は鳥大好きおじさんからの原稿が、たまりにたまってしまって、

一日に4本も更新です。

         更新!更新!!ダイコウシン!!!

 

                    文・撮影  鳥大好きおじさん

 

 

 

「秘境駅号」

 JR飯田線の4344番のトンネルの間に大嵐駅はあります。

 43番目の長さ5㎞のトンネルから、正午過ぎに前照灯を4灯点けた

 秘境列車の臨時特急列車が顔を出しました。

 

0時5分着、お客さんが降り始め、里の人による特産品販売が始まります。

この日の乗客数は、130人位とJRスタッフら。

 

呼び込みの声にも力が入り、ぜんざい・栃餅・シイタケなど販売の短時間決戦、

1個でも多く販売と忙しく動き回っていました。

発車間際に「もう一杯、他の人にもぜんざい」と買って行かれた人がいて、

栃餅入りぜんざいを気に入ってくれたんだと、ちょっと嬉しくなりました。

 

 022分発車、先頭車両が半分ほど進むと44番目のトンネルに入ります。

 全員で感謝の気持ちを込めて手を振り見送りました。

 

 里の皆さん、連日の販売でしたがご苦労様でした。

鳥大好きおじさんは木工の腕前も相当なもので、

楽しい案内看板などを作ってとみやま地区内に、取り付けてくださいます。

今回はロバの看板のお話です。

ちなみに、我が家の愛犬もロバ君たちとは仲良しです♪

 

                   文  鳥大好きおじさん

 

 

「ロバっち」

 ロバっち看の補修が、やっと出来上がり取り付けに行きました。

 パイプに細いロープで縛り付けていると寄って来まして

 結び目の端を口で引っ張り解いてくれたり、上着、ズボンを

 引っ張るなどやんちゃぶりを発揮、退屈してるんだなと思いつつ

 一段高い所に取り付けましたが、駄目で看板が倒れていて里の人が

見つけてくれて場所を移動してくれたそうです。

 

ロバっちは、清山荘の西側で生活して居て黒い方が雄のチョコ、白く小柄の

方がミルクです。

 

チョコがミルクの毛づくろいをするなど

仲の良い夫婦の光景を見て反省する人が一人いました。

得るものもあります、寄ってみてください。

 

団塊の世代としては、ロバからは子供の頃の馬車(ロバ)に引かれた

「ロバのパン屋さん」を思い出します。

 

 

夏の渡り鳥がやって来始めて、

鳥大好きおじさんのテンションも´高いみたいですね~

以下、 文・撮影 鳥大好きおじさん です。

 

「夏鳥到着」

 先週大阪城公園にオオルリが来たと耳にしました。

 1週間かかって北上して、とみやまにもオオルリが来ました。

 オオルリは、体長16㎝程の青色の鳥で、日本へは夏鳥として

 渡って来て繁殖し、冬は東南アジアで越冬する鳥です。

 ウグイス・コマドリ・オオルリは美しい声で鳴くことから

 日本三鳴鳥と言われています。オオルリは、高い木の上でさえずり

 奇麗な青色の姿と鳴き声が半年ほど楽しめます。

エサは、飛んでいる昆虫を主に食べています。

 とみやまでは、例年四五六滝付近で見られ、休憩所で涼んで

 いればやって来ると思います。四五六滝では、運が良ければ

 尾羽の長~いサンコウチョウも見ることが出来ます。

 

 今回は、サンショクイ・ソウシチョウも鳴き声で確認しています

ヤマガラ君のとみやまの里のイベントの告知です。

詳細はブログのほうでお知らせすることになると思います。

また、来富館では鳥大好きおじさんの作ったカラフルな鳥の巣箱を

販売しています。(1個1000円です。利益度外視!!いいのかなぁ。。。)

 

以下、文・撮影 by 鳥大好きおじさん  です。

 

「ヤマガラ便り」

 来富館の周りの巣箱でも、ヤマガラ・シジュウカラの営巣時期になり

巣穴に出入りする姿が見られるようになりました。

とみやまに来られたら巣箱から少し離れたところから、静かに見てやって

下さい。県道で、鳥が出入り姿を見たよと声を掛けてくれる村の人もいて

 嬉しく思っています。

やまがらの協力を得て「温泉祭り」を知らせる写真を撮りました。

 

 たくさん撮りました中から、文字を読んでいるように見える写真を

選んでみましたが、いかがですか。

連休中ですが、温泉祭りに一人でも多くの人に足を運んでいただきたく

 

スタッフ一同お待ちしています。

お待たせいたしました!!

今回から、鳥大好きおじさんのコメントにより、ページを展開していきます。

(管理人の出番はほとんどなくなりそう。。。。。)

では、はじまり、はじまり~~~~

 

 鳥好きおじさんんから、鳥大好きおじさんに昇格しました。

とみやまにやって来る野鳥を中心に、カメラを通して見たものを紹介して行こうと考えていますが、

やっていることが全て素人です。

里の方の協力を得て、このコーナーを進めていきますのでよろしくお願いいたします。

 

 野鳥の世界では、冬鳥は北に帰り、間もなく夏鳥が南の国から繁殖にやって来ます。

 この時期はヤマガラの力を借りて写真を撮っています。

ヤマガラは、とみやまでは一年を通して見られ繁殖期を迎えています。

 

 大食漢のヤマガラ、向日葵の種はもちろんのこと、

落花生も大好物、落花生で呼び寄せて手作り鯉のぼりと撮ってみました。

どなたでも、落花生を一粒細かく砕いて(とみやま来富館の)テラスのテーブルや長椅子に置けば

食べに来て身近で見られ可愛いですよ。一度体験してみては、如何かな。

 

写真の鯉のぼりとヤマガラの赤い背景は、花桃の花の赤色です。

 吊り下げたピーナッツリング、見事に落花生を食べて殻が奇麗に残ります。

 

鳥大好きおじさんが、試験的に画像を送ってくださいました。

 

すごいですね~。

スマホじゃこんなに寄ることは絶対に無理です。

これから、どんな野鳥の画像にお目にかかれるでしょうか。

たのしみです!!

鳥大好きおじさんのコーナーです!

 

 鳥大好きおじさん(Sさん)は、富山来富館付近を根城に年間を通して富山や近隣の野山で野鳥の観察、撮影をされています。我々、とみやまの里のイベントのお手伝いをしていただくこともあります。

 

 野鳥の活動が活発になる、シャッターチャンスの明け方を狙って車中泊で頑張ることもしばしば。。。また、ある時は自宅に戻って野鳥の巣箱を作ったり、とにかく、マメです!!!

 

 画像は来富館前におじさんが建てた小鳥(ヤマガラ、シジュウカラ)のレストランです。大好評で満員御礼状態なのですが、野鳥たちは金銭感覚などはあるはずもなく、毎日、満腹になるまで、食事をしている様子。

 その結果、おじさんはエサのヒマワリの種を確保するのに四苦八苦。。。。。。

 

 ここを通ることがありましたら、”ヤマガラ募金箱”に少しだけでもご協力していただけたら幸いです。<m(__)m>

 

 このページでは、おじさんの撮影された野鳥の画像と、野鳥あれこれを中心に展開していく予定です。

 

お楽しみに!